ユーロ物置®︎の工事に日本全国お伺いしております→ 詳しくはこちら
ユーロ物置®︎の工事に日本全国お伺いしております→ 詳しくはこちら
物置 おしゃれ

EEmagazine vol.05 FRONT ENTRY 3037F2

仲間と一緒に組立てた大型物置


今回取材をさせていただいた小林様は、一言で言うならば「やわらかい」空気の方。その人柄から人脈も広く、取材中にもいろんなお話を伺えました。

今回の物置

アイコン

 

3037F2
大人気のフロントエントリーシリーズで最も大きな品番。三角屋根はユーロ物置®の代名詞にもなっています。
アイコン

 

サイズ
間口3000mm / 奥行3660mm / 軒高1800mm / 最高高2060mm / 広さ11.1㎡(6.73帖)
アイコン

 

素材
最高品質のガルバニウム鋼板「ブルースコープスチール」を使用し、表面はジンクローム錆止めを塗布しています。

オーナーインタビュー

ーー組立はどうしましたか?

小林様 友人たちと3人で作りました。DIYです。組立自体は最初難しいのかなって思っていましたが、同じ作業を繰り返すので逆に簡単かなぁって印象になりました。ただ、立ち上げ時は苦労しました。屋根を乗せる時などに人手がいりましたので。スナップタイトも分かりましたよ。フレーム部分を1カ所間違えてしまったので、組立後に新しく穴を開けて対応しました。なんとかうまく出来ました。4時間くらいはかかったかな。


ーー購入の決め手は?

小林様 広さと見た目ですね。車のパーツやキャンプ用品を収納しようと思っていたので。三角屋根の物置って珍しいから、それもいいなぁって。色は最初クリーム色もいいねって話をしていたんですが、事務所に行って実際物を見てみたら若草色もいいなと思って、最終的には若草色に。普通物置ってブロックの上に設置しているものが多いけど、ユーロ物置はコンクリートの上に建てるというのも決め手です。ゆくゆくはガレージをとなりに建てられたらいいなって思っているので、基礎は決め手になりました。あとは耐久性ですかね。鉄板なので長く使えそう。もし色あせてきたら好きな色に塗っちゃえばいいかなって思ってます。


ーーコンクリート基礎にした理由は?

小林様 将来的にガレージを建てたいと思っていたのでコンクリート基礎にしました。設計図どおり基礎を高くする予定だったんですが、大工さんにうまく伝わらなくて平らになってしまって。やっぱり凸状にしないと雨が入ってきてしまうので、コーキングしたんです。今は水も入って来ないし大丈夫になりました。あと、アンカーは少し増やしました。


ーー使い勝手はどうですか?

小林様 非常にいいです。この物置は真四角なので物を置く位置が決めやすい。車の部品がたくさんあるんですけど、友人のところに置かせてもらっているので、それを綺麗に入れたいですね。消防署にある訓練場をみんなで作るんですけど、そのあまりをもらってきて棚を作りました。DIYはそうですね、嫌いじゃないです。物置内はソーラーのセンターライトを付けて夜でも出し入れできるようにしました。

物置 おしゃれ
物置 おしゃれ
物置 バイク
物置 おしゃれ
物置 おしゃれ
物置 収納
物置 大型
物置 おしゃれ
物置 収納

オーナーインタビュー2

ーーユーロ物置®️、どうですか?

小林様 とても使いやすいですよ。3037F2は真四角なので、物を置く位置が決めやすいです。以前住んでいた場所には物置がなくてコンテナを借りてきて物を入れていたんですけど、新築する時にはちゃんとしたものを購入しようと思っていて。
海外製品には免疫があったので特に不安はありませんでした。三角屋根って珍しいし、見た目と大きさで決めました。やっぱりおしゃれなところと耐久性がいいですよね。長く使って行って、もし色あせてきたら自分の好きな色に塗ろうかなって思ってます。


ーーお仲間と一緒に組立をされたそうですね。

小林様 組立は友人と3人でやりました。4時間くらいかかりましたね。自分で道具も持っていたのでそれを使用して作りました。後で気づいたんですけど、フレームの部分を上下間違えてしまって。組立後に気がついたので新しく穴を開けてビスで止めました。そんなに大変に思いませんでした。最初難しいかと思っていたんですけど、組立のパターンが決まっているじゃないですか。パネルを合わせて組み立てるっていう。ただそれを繰り返して面を作っていけばいいだけだから簡単かなぁって逆に思いました。ただ、建てる時が大変ですね。屋根を乗せる時とか人手がいりました。

編集部のあとがき

レスキュー隊という特殊な職業でヘリの運転もしていた今回のオーナー。趣味は豊富でキャンプやバイク、車など実に多彩です。ユーロ物置®にこどもたちが貼ったステッカーや、きれいに鉢植えされた花々であたたかな雰囲気が感じられます。
趣味のキャンプでは近くのキャンプ場やイベントにも家族や友人と参加するそうで、雑誌に掲載されたこともあるほど。「キャンプはみんなで行くと夜が楽しいんです。」
テントではなくキャンピングカーを使うのがオーナーのキャンプスタイルで、車内で料理もされるんだとか。「料理は嫌いじゃないです。」話を伺っていると、それだけでとても楽しそうな印象を受けます。
今後はキャンプ用品だけでなく、友人の所に置いてある車やバイクのパーツをユーロ物置®内に収納し、より趣味を楽しみたいと笑顔で話してくれました。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 |

読みものカテゴリー

物置 最新情報

NEWS ニュース
ユーロ物置®︎の新着情報をいち早くお届けします

物置 収納

TOPICS トピックス
物置収納の新しいアイディアや疑問にこたえる特集記事

物置 レビュー

EEmagazine イーマガジン
ユーロ物置®︎を実際に購入したオーナー様にインタビューする大人気ウェブマガジン

物置 動画

VIDEO ビデオ
物置の組立のポイントやスタッフからのコメント

物置 収納

LAYOUT レイアウトサンプル
ユーロ物置®️の屋内レイアウトアイディア

イープラン スタッフ

STAFF スタッフ紹介
一体どんな人が売ってるの?どんな人と話をしているの?がわかるスタッフ紹介