検品について

検品の必要性

ユーロ物置®︎は、オーストラリアで製造・梱包され、開封されることなくお客様の元に配送されます。
段ボールは一度開封してしまうと強度が大幅に低減してしまうため、物置の梱包材である段ボールの強度を保つために開封することはしておりません。

お手元に届いた後、検品工程を行わずに施工業者様を手配してしまうと部材に過度な傷が付いていたり、万が一不足部材があった場合に組立が行えないにも関わらず施工業者様の日当が発生してしまう可能性があります。

このようなトラブルを避けるために、商品が届いたら必ず検品作業を行なっていただき、すべての部材が揃っていることを確認いただいてから施工業者様の手配をしていただく様お願いをしております。

検品には大人2名を必要とします。もしも検品作業が不可能な場合、イープランでは検品有料サービスをご用意しております。梱包を開封させて頂き、スタッフが商品の検品作業を行なってから発送を致します。

ご購入前に適切な設置位置を考えましょう。

ユーロ物置本体の特徴や部材の見分け方、組み立てのことや、風害雪害などについても考慮してみましょう。

組み立て前の開封と部品チェックを2人で。

家具とは違います。れっきした建築物、作業前の事前確認だけの日程を取りましょう。

部品が不足する場合

お申し出いただきましたら、該当部品を在庫からできるだけ早急にお届けいたします。最短日での発送を手配致しますが、納期については発送完了後にお送りする配送番号にて運送業者様と直接お打ち合わせください。

万が一を防ぐためにも、必ず検品を行なってください

説明書・細長いダンボール・パネル・ビス類の入った緑の袋・リベッター・リベッター専用ネジが入っているか確認する。

物置の検品

説明書の「部材リスト」のページを開く。

物置の検品

パネルに記載されている番号を確認し、部材リストの部材ナンバーがパネルに記載されている番号と同じか確認し、チェック欄にチェックを記入する。※パネルはすべて表側の右下、もしくは左下にパネル番号が印字されています。

物置の検品

チェックしたパネルが大きく歪んでいないか大きな傷は無いか確認する。※大きな傷や歪みが有れば避けて置いて下さい。

物置の検品

チェックしたパネルは混ざらないように違う所に置いておく。※パネルが歪む原因になりますので、パネルは一人で持たない。※傷が付かないようにダンボールの上など柔らかい所に置く。(パネルが入っていたダンボールの蓋の方に置くと良かったです)

物置の検品

繰り返して全てのパネルを検品する。

物置の検品

チャンネルも同様に検品していく。チャンネルに記載されている番号を確認し、部材リストの部材ナンバーがチャンネルに記載されている番号と同じか確認し、チェック欄にチェックを記入する。

物置の検品

チェックしたチャンネルに大きな歪みや傷が無いか確認する。※大きな傷や歪みが有れば避けて置いて下さい。

物置の検品

チェックしたチャンネルは混ざらないように別に置いておく。※傷が付かないようにダンボールの上など柔らかい所に置く。

物置の検品

繰り返し全てのチャンネルを検品する。

物置の検品

ビス類の入った袋を開ける。

物置の検品

袋に入っているビスは種類ごとに梱包されておりますので、袋に記載されている名前と部材リストに記載されている名前が合っていればチェック欄にチェックする。※ビスの量は数えなくて大丈夫です。

物置の検品

説明書のチェック欄が全て記入されているか、記入されている数量は合っているか確認する。

物置の検品

全て記入されていて数量も合っていれば検品終了です。

物置の検品

部材が一つでも足りていない場合・大きな歪みや傷がある場合・その他気になる事がある場合は組立をする前にイープランへお電話下さい。

サポート内容一覧

法人様向けサポート

部材の別途購入について

30年間保証について